施策項目 第7回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(50年11月以降51年度中)
講ずべき措置
当面(49年10月8日以降50年度中)講ず
べきとされた措置
(3) 国際食品規格計画への協力 [1][i] 国際食品規格に基づき,みかんかん詰及びパインアップルかん詰の日本農林規格の改正を行う。 [1][i] 国際食品規格に基づき,みかんかん詰,パインアップルかん詰及びトマト加工品の日本農林規格を改正し,告示した。 [1][i] 引き続き第1~5回の国際食品規格(77種類)の勧告に対してその受諾及び法制の整備について検討する。
[ii] 第1回以降の勧告について前向きに検討し関係各省庁の連絡を一層密にして,受託できる品目の選定を早急に決定するよう作業を進める。 [ii] 第1回以降現在,(50年8月1日)までに勧告された77種類(受託1種類,未受託76種類)の勧告規格について,各省庁連絡会を毎月1回開催し,受託の可否及び法制の整備を含め検討を行ってきている。 [ii] 勧告された77種類の勧告規格について各省庁連絡会で引き続き検討を行い,受託できる品目の選定を進める。