施策項目 第7回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(50年11月以降51年度中)
講ずべき措置
当面(49年10月8日以降50年度中)講ず
べきとされた措置
(5) その他の家庭用品一般

[1] 今後安全性の見地から問題のある品目については特定製品として逐次消費生活用製品安全法の政令指定を行うこととしているほか,自主製品についても品目の拡大を行う。

[1][i] 特定製品として50年6月5日に乳幼児用ベッド,金属製バット,ローラースケート,及び登山用ロープの4品目を追加指定した。また,製品安全協会の認定対象品に住宅用スプリングマットレス,ぶらんこ,すべり台,幼児用鉄棒,かん切り,ショッピング・カート,住宅用アルミニウム合金脚立,二段ベッド,プラスチック溶そうふた,幼児用三輪車、歩行器,圧力なべ及びかま,乗車用ヘルメット,野球用ヘルメット,炭酸飲料びんの15品目を追加した。

[1][i] 消費生活用製品で特に危害をおよぼすおそれの多い製品について政令指定を行うとともに,自主製品についても,品目の拡大を行う。

[2][i] 引き続き,有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律に基づき,家庭用品に含有される物質の毒性等を研究し,必要に応じ,政令で有害物質を指定し,省令で家庭用品を指定するとともに,当該有害物質の溶出量等について規制基準を定める。

[ii] 引き続き同法の施行準備として繊維製品の各種毒性試験を実施する。

[2] 繊維製品の防炎加工剤,防菌,防カビ剤等について各種毒性試験を実施し,結果の出たものについて,データのとりまとめを行っている。 [2] 引き続き左記の試験を実施するとともに,試験結果の出たものから必要に応じて規制基準等を定める。さらに,対象化学物質を追加して毒性試験を行う。
[3] おしゃぶり,歯がため等の製品及びゴム,ポリスチレン,ポリプロピレン等の原材料についての規格基準作成作業を引き続き行う。 [3] 引き続き左記の作業を進めている。
[3] おしゃぶり,歯がため等の製品及びゴム,ポリプロピレン等の原材料についての規格基準を50年度末までに作成する。
[4] 現在の安全基準のうち未決定の小もの玩具について,早急に基準を作成するほか,幼児用品(乗物,おしゃぶり,がらがらなど)の強度等の安全基準の改定を引き続き検討する。また,現在業界が自主的に行っている各種の安全マーク制度については製品安全協会によるSGマーク制度への移行を指導する。
[4] 乗物(足踏み自動車,三輪車,すべり台,ぶらんこ,家庭用鉄棒)の規格基準を決定した。また,ローラースケート等の品目について,50年6月5日政令指定した。 [4] バトミントンラケットについて規格,基準を定め,乗物と合せ51年度中に,また,ローラースケート等の品目については政令指定を受けて51年9月5日から「S」マーク制度を実施する。業界が自主的に行っている各種安全マーク制度については,その内容充実を図るとともに,製品安全協会の行う「SG」マーク制度への移行を引き続き指導する。
[5] 製品安全協会の下に設立されたアクアラング用スノーケル安全基準調査研究委員会によって行われている基準の検討結果が出るのをまって水中用品の安全マークシステムのあり方を決定する。
[5] 試買検査を行い,スノーケルの安全に関する問題点を整理した。 [5] 試買検査等によるデータをもとに安全基準作成を推進し,安全マークシステムのあり方を決定する。
[6] 消費財の安全に関する研究を引き続き特別研究で実施し,建材の燃焼性(プラスチック材料)包装材料の安全性(プラスチック材料容器の成分移行,包装用フィルムの密封遮断性),衝撃センサーの信頼性,銅製配管の腐食等について安全性の評価法を確立する。 [6] 左記の研究を引き続き実施し,各種の使用条件における安全性の評価方法について研究中である。 [6] 消費財の安全に関する研究を引き続き特別研究で実施し、建材の燃焼性,包装材料の安全性,衝撃センサーの信頼性,銅製配管の腐食等について安全性の評価法を確立する。