施策項目 第7回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(50年11月以降51年度中)
講ずべき措置
当面(49年10月8日以降50年度中)講ず
べきとされた措置
(2) 食品規格基準の作成および食品流通管理の徹底

[1] 油脂利用食品,乳幼児食品,レトルト食品等必要な食品について,規格基準を設定するための作業を進める。
 なお、AF2使用禁止に伴う細菌性食中毒の発生を防止するために製造業者の監視指導を十分に行うとともに,消費者への知識の普及を図る。

[1] 現在,左記の食品の規格基準作成のための作業を進めている。
 なお,AF2の使用禁止に伴う措置としては,食肉製品、鯨肉製品及び魚肉ねり製品の製造基準および保存基準の改正並びに豆腐の製造基準及び保存基準の設定を行い,これらの基準の遵守について都道府県を通じて営業者の監視指導を行っている。

[1] チルド食品及び低酸性かん詰食品について,規格基準を設定するための作業を進める。

[2] 引き続き(財)食品産業センターが行う品質管理推進事業に助成する。 [2] 食料品店の適正な商品管理を推進するためパンフレットを作成し小売店等に配布した。 [2] 引き続き(財)食品産業センターが行う食料品店等における品質管理推進事業に助成する。
[3] 引き続き食品製造流通基準検討会において加工食品のうち数品目につき製造流通基準を作成するとともに,缶詰,植物油脂の基準の実行につき一層の指導を行う。
[3] 前年度作成した「豆腐」、「つけ物」及び「加工海苔」の製造流通基準の公表、地区別説明会等による周知普及を図るとともに,引き続いて品質保持,向上を図るため,「レトルト食品」,「炭酸飲料」及び「削り節」の三品目について製造流通基準を作成中である。 [3] 引き続き主要な加工食品の製造流通基準を作成するとともに,既に公表済みの各基準の普及状況のチェックとその定着化について,一層の指導を行う。
[4] 米麦加工食品の安全性に対する消費者の関心に応え,米麦加工食品の製造工程,原料,副資材,食品添加物,包装容器等の使用実態を調査し,それに基づいて製造工程の管理,副資材,食品添加物等の使用,取扱い方法等の手引書を作成し,製造業者等の指導を行う。 [4] 49年度は,「みそ」及び「生めん」について手引書を作成した。 [4] 「しょうゆ」及び「即席めん」について手引書を作成する。