施策項目 第6回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(49年10月以降50年度中)
講ずべき措置
当面(48年10月9日以降49年度中)講ず
べきとされた措置
4. 消費生活侵犯事犯取締りの強化 [1] 消費者に危害を及ぼし,又は不利益を与える悪質な事犯の取締りを強化する。

[1] 事犯別検挙件数
 昭和48年及び昭和49年上半期において,消費者を対象とする次の事犯を検挙した。

(1) 昭和48年
 ア. 健康侵害事犯 7,835件
 イ. 金融関係事犯 523件
 ウ. 不動産関係事犯 2,326件
     
(2) 昭和49年(上半期)
 ア. 健康侵害事犯 3,827件
 イ. 金融関係事犯 247件
 ウ. 不動産関係事犯 602件

[1] 消費者に危害を及ぼし,又は不利益を与える悪質な事犯の取締りを強化する。
 

[2] 特殊販売関係事犯の取締り強化
 昭和48年11月20日特殊販売をめぐる消費生活侵害事犯の取締り強化を全国に指示し取締りを推進中である。

  48年11月20日~49年6月30日までの事案処理件数

(1) 処理件数 37件
  被害者数 557名
  訪問販売   32件
  通信販売   5件
     
(2) 処理状況  
  ア. 検挙 25件
  イ. 指導警告 11件
  ウ. その他 1件