施策項目 第6回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(49年10月以降50年度中)
講ずべき措置
当面(48年10月9日以降49年度中)講ず
べきとされた措置

VIII. 苦情処理,消費者救済

1. 苦情処理

(1) 国

 

 


[1] 引続き苦情処理を行うとともに苦情処理体制の充実を図る。

 

 


[1] 通産省私書箱1号(48年4月設置)により,消費者の潜在的な苦情を広く吸い上げ,これらを早急に処理するとともに,行政にとり入れたほか,広く,中央,地方出先の行政機関窓口においても,苦情処理に努めた。

 

 


[1] 引続き左記の苦情処理を行うとともに,苦情処理体制を一層拡充強化する。