施策項目 第5回消費者保護会議の決定 決定後現在までに講じた措置 当面講ずべき措置
(現在以降昭和49年度中)
当面講ずべき措置
(47年10月24日以降48年度中)
4. 消費者問題統計の開発 [1] 消費者問題を客観的に数量で把握するため、消費者問題統計の体系整備に関する調査研究を行ない、消費者の苦情、製品、サービスによる事故、障害等についての統計の開発を行なう。 [1] 消費者問題に関する統計を収集するとともに統計整備に関する検討をすすめている。 [1] 消費者問題統計の体系的整備に関する調査研究および既存の統計の総点検を行なうとともに、消費者の苦情、危害、意識、行動等に関する統計の開発を行なう。