施策項目 第5回消費者保護会議の決定 決定後現在までに講じた措置 当面講ずべき措置
(現在以降昭和49年度中)
当面講ずべき措置
(47年10月24日以降48年度中)
イ. 農林物資規格表示制度による表示の適正化 [1] 畜肉ハム・ベーコン・ソーセージ、食酢、乾めん、手延べそうめん、みそ等につき設定作業を進める。

[1][i] ハム類、ベーコン類(48年5月)、凍豆腐(48年6月)について表示基準を設定した。

[ii] しょうゆ(48年6月)について表示基準の改正を行なった。

[1] マカロニ類、マヨネーズ類等について設定作業を進める。
[2] 従来と同様、委託調査を実施する。 [2] 47年度は6消費者団体に12品目、48年度は5消費者団体に10品目についての表示に関する調査を委託した。 [2] ひきつづき表示基準設定のための資料を得るため、消費者団体に委託して表示に関する調査を行なう。
[3] 家庭内における保存方法、使用上の注意等について表示を強化する。 [3] 凍豆腐品質表示基準において凍豆腐の湯もどしの方法についての表示を義務づけた。 [3] ひきつづき保存方法、使用上の注意等についての表示を強化する。
[4] 輸出品検査所(農林規格検査所)による買上検査を拡充する。 [4] 農林規格検査所、地方農政局、都道府県等を通じる監視指導機能の強化をはかった。 [4] 引きつづき、監視指導体制の強化を努める。
[5] 袋詰配給米について、現在行なっている配給品目、正味重量、とう精業者名、販売業者名等のほか更にとう精年月日表示を行なうことを検討する。 [5] とう精年月日の表示を実施することとした。(48年4月)