施策項目 第4回消費者保護会議の決定 決定後現在までに講じた措置 当面講ずべき措置
(現在以降昭和48年度中)
当面講ずべき措置
(46年10月12日以降47年度中)
5 販売・サービス部門の従事者の資質の改善    

[1] 販売、サービス部門に従事する者の資質をたかめ、消費者の安全、商品選択に資するため、次の施策を講ずる。

[i] 従業員の商品知識、商品管理、接客態度等を訓練科目におりこんだ職業訓練を拡充するとともに、関連職種の技能検定の実施について検討する。

[ii] 店頭販売について一定の実務経験を有する者を対象として統一的な販売士検定制度を発足させる。