施策項目 第4回消費者保護会議の決定 決定後現在までに講じた措置 当面講ずべき措置
(現在以降昭和48年度中)
当面講ずべき措置
(46年10月12日以降47年度中)

(2) 家庭用品の表示の適正化

ア 対象品目




[1] 雑貨工業品について、接着剤、化学ぞうきん、漆器、食器戸棚、化粧品、化粧石けん等、電気機械器具についてカラーテレビ、トースター、ジューサーミキサー等の追加政令指定を検討する。




[1][i] 雑貨工業品について接着剤、漆器、電気機械器具についてテレビジョン受信機、電気トースター、電気ジューサー、電気ミキサー、電気ジューサーミキサーを家庭用品品質表示法の対象品目に追加政令指定した(47年4月)。

[ii] 繊維製品について新しい繊維(プロミックス、ポリクラ-ル、ベンゾエート 、ガラス)による製品を同法の対象品目に追加政令指定した。(47年8月)




[1] 繊維製品についてひも、雑貨工業品について化学ぞうきん、食器戸棚、時計、かつら、サングラス、合成皮革製コート、歯ブラシ、双眼鏡の政令追加指定を検討する。
[2] 安全性に関する表示事項が定められている商品について、法5条および6条の指定を検討する。   [2] 安全性に関する表示事項が定められている商品について、法第5条および第6条に基づく命令の発動を検討する。