施策項目 第4回消費者保護会議の決定 決定後現在までに講じた措置 当面講ずべき措置
(現在以降昭和48年度中)
当面講ずべき措置
(46年10月12日以降47年度中)

(2) 繊維製品

[1] ホルマリン樹脂加工および防虫加工調査については46年度中に結論をとりまとめ、47年度においてその結論に基づき必要な場合家庭用品品質表示法による表示事項の整備、業界に対する行政指導等所要の措置を講ずる。 [1] ホルマリン樹脂加工および防虫加工について調査をとりまとめ、遊離ホルムアルデヒドの許容量を設定した。 [1] 蛍光増白加工、難燃加工の調査については47年度中に結論をとりまとめ、48年度においてその結論に基づき必要な場合、家庭用品品質表示による表示事項の整備、業界に対する行政指導等所要の措置を講ずる。
[2] 上記の結果について消費者等に対し周知徹底を図る。   [2] 上記の結果について消費者等に対し周知徹底を図る。

[3] 蛍光増白加工、防災加工、衛生加工について結論をとりまとめる。

  [3] 48年度には、衛生加工、柔軟加工について調査を行なう。