施策項目  第3回消費者保護会議の決定
決定後現在までに
講じた措置
  当面講ずべき措置
(現在以降昭和47年度中)
将来の措置方針
(昭和48年度以降)
当面講ずべき措置
(現在以降昭和46年度中)
将来の措置方針
(昭和47年度以降)

(2) 家庭用品の表示の適正化

ア 対象品目






[1] 雑貨工業品については専門調査機関への委託調査の結果をもとに、化粧品、化粧石けん等について政令指定追加の検討を行なうとともに、技術基準の確立を図るための調査を行なう。繊維製品については、帯の追加を行なう。





[1] 雑貨工業品については、ひきつづき政令指定品目の追加を行なう。





[1] 住宅、家具用洗浄剤、皮製衣料、帯、塗料、合成樹脂製保温水筒、ティッシュペーパー、京花紙、ちり紙トイレットペーパー、スプリングマットレスの品目指定、マットレス、合成洗剤、魔法びんの表示の標準の改正を行なった。
 






[1] 雑貨工業品について、接着剤、化学ぞうきん、漆器、食器戸棚、化粧品、化粧石けん等、電気機械器具についてカラーテレビ、トースター、ジューサーミキサー等の追加政令指定を検討する。

 
      [2] 安全性に関する表示事項が定められている商品について、法5条および6条の指定を検討する。