施策項目  第3回消費者保護会議の決定
決定後現在までに
講じた措置
  当面講ずべき措置
(現在以降昭和47年度中)
将来の措置方針
(昭和48年度以降)
当面講ずべき措置
(現在以降昭和46年度中)
将来の措置方針
(昭和47年度以降)
3 監視体制 [1] パブリックスケール、試買検査、計量モニター制度等をひきつづき実施する。   [1] 45年度においては、パブリックスケールは、10県39市に100台設置し、試買検査は25市において食用油、菓子類、お茶、ビール、みそ、しょうゆ、トマトジュース、はみがき粉、ポマード、クリームの10品目について実施した。計量モニターも従来と同じく、1200名に委嘱し、実施した。   [1] 試買検査の対象品目点数の大幅増大により、計画的に監視体制の充実強化を図る。