消費者の窓
消費者契約法の一部を改正する法律案(仮称)の骨子
(「消費者団体訴訟制度」の導入について)に対する御意見募集

平成17年12月16日
内閣府国民生活局



内閣府では、消費者被害の未然防止・拡大防止を図るために、一定の消費者団体に、事業者の不当な行為に対する差止請求権を認める制度の導入に向けて準備を進めております。

本年6月にとりまとめられた国民生活審議会消費者団体訴訟制度検討委員会報告書等を踏まえ、今般、「消費者契約法の一部を改正する法律案(仮称)の骨子」を作成しました。
つきましては、当該法律案骨子(別紙)について、下記の要領にて御意見を募集いたします。御意見につきましては、内容を検討の上、法律案作成の参考とさせていただきます。



1.意見募集対象
「消費者契約法の一部を改正する法律案(仮称)の骨子(「消費者団体訴訟制度」の導入について)」 [PDF版]

2.締め切り
平成18年1月24日(火)17時をもって、募集は終了しました。

結果の概要 [PDF版]


【問い合わせ先】
内閣府国民生活局
消費者団体訴訟制度検討室