消費者の窓 消費者庁
サイトマップ 消費者の窓について English
更新履歴 消費者政策について 関係法令 リンク集 消費者トラブルについて
消費者契約法・消費者団体訴訟制度について

消費者契約法は、消費者と事業者の情報力・交渉力の格差を前提とし、消費者の利益擁護を図ることを目的として、平成12年4月制定、平成13年4月に施行されました。

消費者と事業者の間で締結される契約(消費者契約)について、一定の場合に、契約の取消しや条項の無効を認めるものです。消費者契約法の実体法部分については、下記をご覧ください。

消費者契約法について


消費者団体訴訟制度とは、消費者全体の利益を擁護するため、一定の消費者団体に事業者の不当な行為に対する差止請求権を認めるものです。

消費者団体訴訟制度は、消費者契約法に最初に導入され、平成19年6月からスタートしました。

また、第169回国会にて、景品表示法及び特定商取引法にも制度を導入するための「消費者契約法等の一部を改正する法律案」が成立しました。資料はこちらをご覧ください。

消費者団体訴訟制度について

消費者団体訴訟制度に関する資料
詳細を見る
判決・和解情報
詳細を見る
行事案内
詳細を見る
適格消費者団体情報
詳細を見る
認定申請中の団体
詳細を見る
行事案内
詳細を見る


消費者の皆様へ

関連項目
e-Consumerプロジェクト