消費者の窓
消費者教育シンポジウム―かしこい消費者を育てるために―

消費者教育は、私たち一人一人が社会で自立して責任ある行動を取る上で必要不可欠なものです。

また近年、経済社会の急速な情報化に伴い、若年層が契約に関するトラブルに巻き込まれる例が増えています。

本シンポジウムでは、消費者教育の現場から、新しい時代へ対応する教育者への情報提供・ネットワークづくりについて、議論を深めることを目的とし、開催されました。教育関係者を始め多くの方々のご出席をいただきました。



《 概要 》
日 時: 平成14年3月28日(木)10:00~16:30

場 所: 虎ノ門ホール(東京都千代田区霞が関3-2-3)

参加者: 約 名

後 援: 文部科学省、国民生活センター、日本消費者教育学会、金融広報中央委員会、(社)消費者関連専門家会議

午前の部 パネルディスカッション
10:00~12:00

◎花城 梨枝子氏(琉球大学教育学部教授)
 池山 純子氏(新潟県立小千谷高等学校教諭)
 小関 禮子氏(東村山市立秋津東小学校長)
 鈴木 辰郎氏(東京都立府中高等学校教諭)
 田内 寛人氏(江東区立深川第三中学校教諭)

※パネルディスカッションの内容はこちらをご覧下さい[PDF版]

午後の部 講演「消費者にも自立」
13:30~14:15
講師 中坊 公平氏(弁護士)

※講演の内容はこちらをご覧下さい[PDF版]

「消費者教育の推進に向けて―今後のあり方」
14:30~14:50
発表 西村 隆男氏(横浜国立大学教授)

パネルディスカッション
14:50~16:30

コーディネーター  山本 豊氏(上智大学教授)
パネリスト     鍋嶋 詢三氏(消費者関連専門家会議理事長)
          西村 隆男氏(横浜国立大学教授)
          羽野みき子氏(東京都立狛江高等学校教諭)
          横山 哲夫氏(弁護士)
          吉岡 初子氏(主婦連合会事務局長)

※パネルディスカッションの内容はこちらをご覧下さい[PDF版]