消費者の窓
第3回日独消費者フォーラム開催案内

「消費者・生活者の視点に立つ行政への転換」
~日独両国の消費者政策の現状と課題~


 日独消費者フォーラムは、日本とドイツの消費者団体の国際対話の場として、過去2回(第1回:平成14年ベルリン、第2回:平成16年東京)開催してまいりました。昨年9月、消費者庁が発足したことを契機とし、日独両国の消費者政策の現状と課題や、消費者団体の役割等について情報交換を行うことを目的として、平成22年3月3、4日に「第3回日独消費者フォーラム」を開催しました。


1. 日時
 平成22年3月3日(水)?3月4日(木)
  3月3日 14:00?17:30(メインフォーラム)
  3月4日  9:30?17:30(フォーラムサブセッション)

2. 会場
 主婦会館プラザエフB2「クラルテ」東京都千代田区六番町15 地図(PDFファイル)

3. 企画
 3月3日のメインフォーラムは「連邦政府・地方政府そして消費者センター」と「消費者・消費者団体の役割」について、4日の「フォーラムサブセッション」では第一「消費者教育」、第二「高齢消費者問題」、第三「消費者団体訴訟制度の現状と課題」の3テーマについて議論します。
(日独同時通訳つきで実施)

4. 主催
 消費者庁
 全国消費者団体連絡会
 フリードリヒ・エーベルト財団
 ベルリン日独センター

5. 参加申し込み【無料】
 参加申し込みは終了致しました。