消費者の窓

〔2〕消費者政策の具体的施策

4.自動車

(1)リコール制度

 リコール制度とは、欠陥車による事故を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護することを目的とするものであり、自動車製作者等が、その製作し、又は輸入した同一の型式の一定の範囲の自動車の構造、装置又は性能が自動車の安全上、公害防止上の規定(道路運送車両法の保安基準)に適合しなくなる恐れがある状態、又は適合していない状態で、原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て自動車を回収し無料で改善のための修理をする制度です。
 なお、2003年1月より、自動車製作者等がリコールの届出を確実に行わせるため、国がリコールの命令を行うことができる制度を整備し、また、2004年1月から、特定後付装置(タイヤ及びチャイルドシート)に関するリコール制度を導入しました。

(1) リコールの手続きと措置

 自動車製作者等は、その製作する自動車又は特定後付装置に、設計又は製作上の上記の不具合があると認められるに至ったときは、不具合の状況及びその原因・改善措置の内容・自動車使用者等に対して周知させるための措置等を速やかに国土交通大臣に届け出なければなりません。

(2) リコールの公表

 リコール届出がなされたものについては、その内容を国土交通省のホームページに公表しています。

(3) リコール届出件数及び対象車両台数の推移

 1969年度の制度発足以来、2006年3月までのリコール届出件数は2,877件、対象車両台数の累計は約5,549万台となっています。近年の推移は下表のとおりです。

リコール届出件数及び対象車両台数の推移

問い合わせ先
 ○国土交通省自動車交通局技術安全部審査課リコール対策室
  電話 03―5253―8111(代)

(2)自動車・チャイルドシートアセスメント等

 自動車ユーザーが安全な車を選ぶことができるように、安全性についての比較情報や安全装置の解説・装備状況に関する情報を、“自動車アセスメント”として分かりやすく提供しています。自動車アセスメントの情報は国土交通省ホームページやパンフレットでご覧いただけます。
 また、安全なチャイルドシートを選ぶことができるように、チャイルドシートの安全性・使用性に関する比較情報を、“チャイルドシートアセスメント”として提供しています。

(1) 自動車アセスメント

 実際に販売されている新車について、主に、衝突安全性能評価、歩行者頭部保護性能評価及びブレーキ性能評価の3つの評価を行い、その結果を分かりやすくまとめて公表しています。
 衝突安全性能評価は、衝突事故の際に乗員の安全性を評価するため、フルラップ前面衝突試験、オフセット前面衝突試験、側面衝突試験の3つの種類の試験を行っています。これにより、自動車の前面・側面に衝撃を受けたときの乗員の安全性を総合的に評価しています。歩行者頭部保護性能評価は、自動車が歩行者に衝突した場合に歩行者の頭部への衝撃を低減させる性能を評価しています。また、ブレーキ性能評価は、雨天・晴天時の高速走行時に急ブレーキをかけた際の制動性能を評価しています。
 国内で販売されている新車の販売台数の約8割をカバーする88車種についての結果を国土交通省ホームページ等で公表するとともに、パンフレット等により広く周知しています。

(2) チャイルドシートアセスメント

 実際に販売されているチャイルドシートについて、前面衝突安全性評価及び使用性評価の2つの評価を行い、その結果を分かりやすくまとめて公表しています。
 前面衝突安全性評価は、衝突時にチャイルドシートに座った乳児・幼児への頭部、胸部に受けた衝撃やダミー頭部の挙動等を測定して、乳児・幼児への安全性を評価しています。また、使用性評価では、チャイルドシートの誤った使用を防ぐために、使用性(取扱説明書等の記載内容、本体表示内容、機構の性能、座席への装着性、着座性)を評価しています。
 年間約2000台以上販売されているチャイルドシートについて評価を行い、その結果について国土交通省ホームページ等で公表するとともに、パンフレット等により広く周知しています。

問い合わせ先
 ○国土交通省自動車交通局技術安全部審査課
  電話 03―5253―8111(代)